失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険と保険料控除

 

さて少し本題から外れるかもしれませんが、医療保険に加入すると当然保険料を支払っていくことになります。

 

この場合、「保険料控除」(今回の場合、総称として生命保険料控除と呼びます)の適用が受けれることがあります。

 

生命保険料控除とは、支払った保険料の一定額が、その年の契約者(保険料を支払う人)の所得から差し引かれると言うものです。

 

ここでは、医療保険の生命保険料控除について少しお話したいと思います。

 

生命保険に関する生命保険料控除は従来の「一般生命保険料控除」、「個人年金保険料控除」に加え「介護医療保険料控除」が平成24年1月に新設されました。

 

では医療保険の保険料は、どこに適用されるのでしょうか?

 

基本的な考え方としては入院・通院などにともなう給付部分に係る保険料は、「介護医療保険料控除」の対象となりますので、大部分の医療保険は介護医療保険料控除の対象になると考えられます。

 

しかし、介護医療保険料控除以外もそれぞれです。

 

一般生命保険料控除

 

生存もしくは死亡に起因して支払う保険金やその他給付金に係る保険料が対象。

 

個人年金保険料控除

 

個人年金保険料税制適格特約などを付けた個人年金保険に係る保険料が対象。

 

上記のように解釈されており、1契約単位でも主契約と特約の保険料について、それぞれの保障内容により適用となる控除区分が判定されるなど、医療保険だからといって必ずしも介護医療保険料控除の対象になるとは限らないようです。

 

※詳しくは加入保険会社の案内を参照してください。

 

ちなみに金額的なお話をすると、「一般生命保険料控除」、「個人年金保険料控除」の適用限度額は、所得税4万円・住民税2.8万円に変更となり、新設された「介護医療保険料控除」も同額となるようです。

 

また、制度全体での所得税の所得控除限度額が、10万から12万円に拡充されます。

 

住民税は限度額7万円のまま変更ありません。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険と保険料控除