失敗しない医療保険の正しい選び方

70歳から入れる医療保険ってありますか?

 

年齢とともに、病気、ケガで
医療機関にかかるリスクは高くなります。

 

厚生労働省によると、70歳以上の高齢者ほど、
医療機関にて治療を受ける受診率・受療率が
急激に上がっているとのことです。

 

日本人の平均寿命は80歳です。

 

今も元気に過ごされている
80歳の高齢者はたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、70歳を境に健康状態に不安を覚え、
医療保険への加入を検討する人も少なくありません。

 

年金・貯蓄を切り崩す生活では
心もとない人にとっては医療保険は必須!

 

早めに経済的備えを行っておく必要があるのではないでしょうか?

 

その備えとして、多くの人々が選んでいるのが、
終身型の医療保険になります。

 

終身型の医療保険は定期型と違い、一生涯保障が続きます。

 

保険は若い時に加入するほど保険料が割安であるため、
早めの加入がおすすめですが、満80歳までであり、
保険会社の様々な条件をクリアできる人であれば加入も可能です。

 

ただし、どんな保険商品でも加入できるわけではありません。

 

70歳からの高齢者におすすめの医療保険は、
引受基準緩和型医療保険になります。

 

引受基準緩和型医療保険は、
加入時の条件を緩やかにした医療保険になります。

 

過去の入院歴・手術歴、既往症の有無等に関しては
一般的な医療保険同様に問われますが、
告知する項目が少なく加入しやすい点が受け、
老若男女問わず人気の医療保険となっています。

 

ただ、年齢に応じての保険料となるため、
通常の医療保険に比べかなり割高です。

 

この割高な保険料がネックになり、
加入を諦める人も少なくありません。

 

加入を検討される際は、保険料、保障内容、払込期間等、
十分に考えた上で加入されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

70歳から入れる医療保険ってありますか?