失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険の給付金は何日目から受け取れますか?

 

医療保険とは、手術・入院に際し、
給付金が支払われるという特徴を持った保険になります。

 

その医療保険を選ぶ基準は、
入院給付金だと言う人も少なくありません。

 

昨今は、日帰り入院を保障したタイプの医療保険に人気がありますが、
短い期間の入院でも、入院給付金の支払い対象となっている医療保険が
若い人を中心に人気があるとのこと。

 

ちなみに、現在販売されている医療保険の入院日数は、
日帰り入院から保障したタイプを始め、
1泊2日の入院からを保障したタイプ、
一般的な5日目からを保障したタイプの他、
条件が付いたタイプもあります。

 

例えば、5日以上、もしくは20日以上入院した場合に限り、
入院1日目からの保障をするタイプになります。

 

こちらのタイプは、5日以上との条件が付いていますので、
4日までの入院になった場合、給付金は受取れません。

 

この4日間は免責期間と呼ばれ、
給付金を支払わない期間を設けているタイプになります。

 

このタイプの医療保険を入院1日目から
入院給付金が受け取れるようにするには、
短期入院特約を付けることをおすすめします。

 

短期入院特約を付けることによって、
入院1日目から入院給付金が受取れる医療保険へと変わります。

 

気になる人は、現在加入している医療保険を確認し、
短期入院特約を付けることが可能かどうかを契約時に担当した保険アドバイザー、
または保険会社サービスセンターに問合せてみましょう。

 

最後に、入院給付金は3千円、5千円、1万円コースと様々ありますが、
経済的に余裕がある人は、3千円コースでも全く問題ありません。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険の給付金は何日目から受け取れますか?