失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険と告知義務違反

 

保険加入も契約の締結行為ですので、契約違反と言うものが存在します。

 

「告知義務」と言う名称のとおり、これは加入者が果たすべきルールであり、この義務を履行しなかった場合は、「契約違反」と言うことになります。

 

これがいわゆる「告知義務違反」と言う状態です。

 

違反に対してはペナルティが存在します。

 

もしも、故意(わざと)または重大な過失で重要な事実(病気など)を告知をしなかったり、事実と違う内容を告知した場合などには、保険契約を解除される旨が契約締結時に配布されている保険約款の中に明記されており、保険金の支払いを拒否されるケースもあります。

 

さらにこの保険契約の解除は、保険金や給付金の支払事由等が発生した後であっても、保険会社側から一方的にできることになっており、既に保険金の支払いが済んだ後での解除では、保険金の返還を求められるケースもあります。

 

ただし、これは加入者側から見ると非常に厳しい規定であるため、保険会社が契約を解除できる期間、いわゆる時効が設けられています。

 

具体的には、保険契約の解除が可能なのは、保険契約の責任が開始されてから2年間以内となっています。

 

※2年以内に保険事故が発生していた場合は、2年後も解除可となる場合があります。

 

また、この解除権は保険会社側が告知義務違反となる事実を知った日から1ヶ月以内に行使しないと消滅すると言う規定も別に設けられています。

 

なら「2年経過してしまえば、告知義務違反していても解除されないのでは?」と言うのは注意が必要です。

 

告知義務違反となった内容があまりに悪質な場合には「詐欺行為」として、責任開始期からの期間に関係なく契約が解除できる旨保険約款には規定がされています。

 

「告知義務違反解除」は、あくまで契約違反をした場合のペナルティの話です。

 

正しい告知をしていれば、何の問題もありません。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険と告知義務違反