失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険と入院限度日数

 

今回は、「医療保険と入院給付金」のところで少しお話した、支払いの各種条件の中の「限度日数」について少し深く掘り下げてみたいと思います。

 

入院給付金の限度日数には、「1回の入院で支払われる限度日数」(厳密に言うと「1回の入院」と言う考え方に注意が必要なのですが、それはこの後お話する機会がありますので)と「保険期間を通算して支払われる限度日数」があります。

 

ここでは、1回の入院で支払われる限度日数について説明します。

 

医療保険では、1回の入院で支払われる上限日数として、一般的には、「30日」、「60日」、「90日」、「120日」、「180日」、「200日」、「365日」など、医療保険の種類によって様々な上限日数が設定がされています。

 

違いは明快です。

 

例えば、医療保険に加入していて、病気をして40日間の入院をした場合で比較します。

 

1回の入院で、60日まで入院給付金が貰える商品に加入していれば、入院した40日間の全ての入院給付金を貰う事ができます。

 

しかし、30日までしか入院給付金が貰えない商品に加入していると、30日が上限ですので30日分しか貰うことができず、10日分は「足切り」(と保険会社は呼びます)となります。

 

では「長い方が良いじゃん」となりますが、それはその通りとは言え、以前にもお話したとおり、現在、全ての病気での平均入院日数は35.6日であるということ、また、当然限度日数の上限の長い商品は保険料が高くなってしまいますので、そのあたりのバランスを考えなければなりません。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険と入院限度日数