失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険の特徴

 

日本で各保険会社が販売している保険は、そのタイプによって以下の分野で区分されることがあります。

 

第一分野

 

死亡保障中心の従来型生命保険。

 

第二分野

 

自動車保険、火災保険などの実際に損害が発生した時の費用をカバーするいわゆる損害保険。

 

医療保険とは、その名前の通り病気や怪我による治療費用や入院費用、治療期間中の所得保障など病気や怪我による様々な損害・損失を担保するタイプの保険です。

 

上記の第一、第二分野と言うカテゴリに対し、医療保険は第三分野の保険と呼ばれ、長く外資系(米系が多い)保険会社による独占が続いていました。

 

ですが、現在は国内の生命保険会社や損害保険会社にも解禁されており、実に様々な医療保険が販売されています。

 

医療技術の飛躍的な進歩によって、比較的簡易な手術では入院日数は短くなってきている一方、健康保険が適用されない先進医療と呼ばれる治療を希望する人も増えています。

 

これは健康保険の効かない診療を受けると、全ての医療費が全額自己負担となってしまった以前の制度が見直され、健康保険が適用されない診療と適用される診療との併用(いわゆる「混合診療」)を認める方向で医療行政が進みつつあるからです。

 

こういった背景を基に、実際に必要な医療に過不足無く対応できるよう、医療保険は様々な形で進化をしてきているのも、医療保険を考える場合の大きな特徴と言えるでしょう。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険の特徴