失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険とシングルマザー

 

医療保険の一般論的な必要性はこれまで何度も取り上げてきておりますが、ここでは少し具体的なお話をしてみましょう。

 

一応筆者もFP(フィナンシャルプランナー)の資格を持っておりますので、実際に相談されたときのお話です。

 

相談者は、いわゆるシングルマザーの女性です。

 

まずシングルマザーと言ってもご本人の保障の基本的な考え方は、夫婦2人の方や夫婦2人+お子さんのいらっしゃる方と一緒です。

 

何故なら、医療費の大半は高額療養費制度で支払われるからです。

 

医療費が1ヶ月に100万円かかったとしても、一般の所得区分の方が最終的に支払うのは約9万円となります。(※差額ベッド代や食事代は除きますが)

 

ですから、保障の日額は5,000円から10,000円で十分ということになります。

 

ただし、シングルマザーの方にとっての大きな心配事の一つに上げられるのが、「子供の教育費」や「子供の生活費」など遺されたお子様のことになろうかと思います。

 

何せお子様の面倒を見ているのは、ご自分一人ですから。

 

ご自身にに万が一のことがあった場合には、お子様はお母様が加入している公的年金から最低でも遺族基礎年金は支給されます。

 

ただし、お子様1人の場合、遺族基礎年金で支給されるのは毎月7万円弱です。

 

それだけではお子様の教育費どころか、生活費用をまかなうこともおぼつきませんよね。

 

そこで医療保険の特性でもある収入保障特約などがついている保険がお勧めです。

 

収入保障特約は、働いているお母様に万が一のことがあり、お子様だけとなってしまった場合において、遺されたお子様の毎月の生活費を補ってくれる保障(例えば、契約期間満了まで毎月○万円ずつ給付金が支払われるなど)になります。

 

特約にすることで、お子様が自立する20歳になるまでの間だけ保険に加入することもできますし、掛け金的にも普通の生命保険に入るよりはそんなに負担にならず、保険出費の負担もある程度考えたいシングルマザーの方には良いかと思います。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険とシングルマザー