失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険制度とは?

 

ここまで民間保険会社が販売している「医療保険」について解説してまいりましたが、そもそもその名前の由来にもなっている「医療保険制度」について確認してみたいと思います。

 

医療保険制度と言った場合、国が国民の医療費負担を軽減するために行っている「公的医療保険制度」と、民間保険会社が販売している「医療保険」の2つに分類されます。

 

公的医療保険は予め被保険者の範囲が行政によって定められている「強制加入」の医療保障制度です。

 

日本では、サラリーマンなどの被用者は「健康保険」、公務員・教員等は「共済組合」、これらにに該当しない人は「国民健康保険」に加入することになります。

 

また、高齢者は一時期名前も含めて問題となった「後期高齢者医療制度」の対象です。

 

先進国の多くでも、こういった公的な医療保険制度を運用していますが、対象者の範囲や財源方式については国により異なります。

 

ちなみに日本の公的医療保険制度は、世界トップレベルと言われます。

 

これは国民の全てが加入している皆保険制度が確立していることと、サラリーマンの方は雇用者(会社)が保険料の半額を負担してくれていることの恩恵が大きいです。(不景気でこの保険料未納付が問題にもなっていますが)

 

この公的医療保険制度に対して任意加入なのが、これまで説明してきた「医療保険」と言うわけです。

 

民間の医療保険は、公的医療保険制度ではカバーしきれない医療サービスを受けた時の支出を補うのに大変有効です。

 

現役世代の方であれば医療費の負担は3割ですが、病気やけがの程度によっては治療費が高額になったり、入院が長引いたりして、自己負担が思いのほか大きくなることもあります。

 

また、高度な医療技術や先進的な治療法を使う場合には、公的医療保険による保障の対象外とされ、高額な医療費を自己負担しなければならないこともあります。

 

今後の医療制度の展開はわかりませんが、公的医療保険のプラスアルファとして、自分に合った民間医療保険を掛けておくことで、万が一のための備えをしっかりさせることができると言えます。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険制度とは?