失敗しない医療保険の正しい選び方

終身型の医療保険とは?

 

「更新型」に対比される「終身型」の医療保険。

 

保険会社によっては「生涯型」や「全期型」などの名称で販売しているところもあります。

 

そもそも「終身型」と言った場合、その名の通り被保険者が「亡くなるまで」を保障期間とした、まさに被保険者の「一生涯」を保障するタイプの仕組みになります。

 

終身型の特徴は、保障切れ等の心配がないことです。

 

保障される期間で見ますと、加入した瞬間から自分が死亡するまで保障を受けられますので、現在考えられる最も安心感の高い商品と言えるでしょう。

 

一方、医療保険で気をつけなければならないのが、一生涯の契約でも一生涯全てを保障してくれるわけではないことです。

 

これは、「医療保険と入院給付金の注意点」でお話しましたが、期間とは別に支払い限度があるためで、必ず事前の確認が必要です。

 

ただし、死亡保障のような「必ずいつかは誰でも訪れるもの」、また、がんの入院給付など保険会社によっては、「支払い無制限」といった商品もあることから、その場合にはこの終身型は最も魅力的なタイプという事ができます。

 

終身型のメリットは、やはりその「保障される期間」が第一にあげられます。

 

特に医療保険のような、年齢が上がるにつれてリスクの高まる入院などを保障とする商品にとって、保障される期間は最も重要な項目の一つです。

 

長寿・高齢化社会を背景に、保障が一生涯続く「終身型(生涯継続型)」の医療保険の人気は高まっているのも頷けます。

 

一方、デメリットとしては、総額の支払掛け金ということになるでしょうか。

 

更新型が「必要な期間に対しての保障」という選択で掛け金を無駄にしないメリットがあるのと同じ理由で、終身型は、その保障期間の長さが安心となる一方、本当に必要な期間以外の保障に対しても掛け金を払うことになります。

 

ただし、本当に必要な期間か不要な期間なのかは人それぞれの価値観ですし、掛け金の考え方も「安心料」ということで、デメリットと考えてしまうのは違和感がありますが、検討する材料としてはそういうことになります。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

終身型の医療保険とは?