失敗しない医療保険の正しい選び方

女性のための医療保険とは?

 

女性だけが加入できる保険には、
一般的には女性保険と医療保険の2種類があります。

 

各保険会社ともに女性保険には力を入れており、
様々な個性を持たせた保険を販売しています。

 

その女性保険、医療保険のメリット、
デメリットについて説明したいと思います。

 

まず、メリットについてです。

 

メリットは大きく分けて3つあります。

 

最大のメリットは、女性特有の病気に対し、
給付金が上乗せされることです。

 

ちなみに、女性特有の病気とは、子宮筋腫、
卵巣機能障害、子宮がん、乳がん等を言います。

 

続いて3年ごと、もしくは5年ごと等に、10万円、
もしくは15万円の積立ボーナスがもらえることです。

 

また、一定期間、病院へ通うこともなく、
健康で過ごした人に健康ボーナスが支給されることです。

 

ただし、積立ボーナス、健康ボーナスが支給される分、
保険料が割高に設定されている場合があります。

 

この点をデメリットと考え、
加入に対し慎重になる女性も少なくありません。

 

最後は、女性特有の病気になった際に支給される入院給付金、手術給付金が、
一般的な医療保険に比べ、大きな額に設定されていることです。

 

給付金が多いということは、
保険料が高いということです。

 

実は、この保険料の高さが、女性の医療保険の
最大のデメリットと言っても過言ではありません。

 

女性特有の病気に対し、補償内容を手厚くしている分、
どうしても割高になるのは、仕方のないことかもしれませんが、
一般的な医療保険と比較した場合、約2倍の差があるとのことです。

 

例えば、医療保険の保険料が毎月3,000円とすれば、
女性の医療保険の保険料は、6,000円!

 

20年間掛けたとすると、
72万円もの差があることになるのです。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

女性のための医療保険とは?