失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険の必要性

 

ここでは、医療保険の必要性について考えてみたいと思います。

 

一般的に医療保険に加入する理由としては、以下のような点が挙げられます。

 

1.入院や手術治療等の医療費負担への備え。

 

2.治療中・闘病中などの収入減少への備え。

 

上記の1は、治療費など直接的な経済的負担に対しての備えになります。

 

また、2については治療費負担だけでなく、病気や怪我によって万が一職を失うような事態となった場合に、特に家族をお持ちの方など、その間の生活費などに対して備えるものになります。

 

ではその必要性は・・・?と考えますと、インターネットや各知識人のコラムなどを拝見すると、長期間掛け金を払うことを考えれば、貯金しておく方が有利だと言う意見や、がんなどの高額医療また、各種先進医療に備えるためには貯金だけでは不十分だという意見、双方が見受けられます。

 

この理由としては、医療保険に関しては、「医療費に関しての必要な金額がわかりにくい」こと、「保障(商品)に応じた掛け金の差が大きい」ことなどがあり、単純に掛け金と貯蓄しておく金額との比較がしにくいことが考えられます。

 

医療保険加入の必要性については、その人その人の考え方や現在置かれている環境により異なりますので、一律には語れないのが現実です。

 

しかし、確実に言えることは、医療保険の加入で「万が一の場合の心配」が軽減されるということです。

 

いわゆる「安心料」としての役割ですね。

 

医療保険に加入していても、全ての病気や怪我に対して万全となるわけではありません。

 

しかし、医療保険に加入することによって、治療費負担への不安、また、治療が長期に渡り、そのために職を失うような場合などの不安もある程度払拭されると言うことも見逃せません。

 

医療保険とは「自分のために加入する保険」ですから、その必要性は、金銭的な面のみならず、こういった精神的な面も考慮すべきだと思います。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険の必要性