失敗しない医療保険の正しい選び方

老人医療保険とは?

 

高齢化に合わせ、保険業界も80歳まで加入OKとした
高齢者向けの老人医療保険が多数販売されています。

 

老人医療保険の中には、何かしらの持病を持っていても
加入できる可能性があると銘打ち、
病気で苦しむ高齢者をサポートする商品まで販売されています。

 

高齢になると、全ての人がとは言いませんが、
誰もが何かしらの病気で痛みや苦しみを抱え、
治療を行うため、病院に通う人も少なくありません。

 

若いころに医療保険に加入し、60歳、65歳で満期となり、
保障がなくなってしまったという人にとっては、
老人医療保険は大変魅力に感じる保険ではないでしょうか?

 

そんな老人医療保険のメリットは、
高齢になっても加入できる可能性があることですが、
若いころのような安価な保険料では加入できません。

 

デメリットは、保険料の高さでしょうか?

 

定年退職をした後、年金を受給する年齢になるまでは、
老後のために蓄えた資産をやりくりしながら生活しなければなりません。

 

ですので、老人医療保険に加入する際は、
慎重に選ぶことをおすすめします。

 

最後に老人医療保険を検討する際のポイントを2つ紹介します。

 

一つ目のポイントは、高齢者には、国の手厚い
高齢者医療制度があることを理解した上で検討することです。

 

70歳以上の高齢者の病院窓口での負担は、
原則1割となっています。

 

二つ目のポイントは、1ヶ月あたりの病院窓口での自己負担額は、
上限が44,400円となっていることです。

 

年収80万円以下の人に関しては、
自己負担額は、上限は15,000円です。

 

老人医療保険に加入する際は、
この二つのポイントを頭に入れた上で、
検討されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

老人医療保険とは?