失敗しない医療保険の正しい選び方

限定告知型医療保険とは?

 

あまり聞きなれない保険に、限定告知型保険があります。

 

限定告知型保険とは、一般的な保険に比べ、
加入されるお客さまの告知をもとに、
告知書にて健康状態を問う形式の保険になります。

 

一般的な保険では加入が難しく、
加入を断られたお客さまでも、
加入できる可能性があります。

 

そのため、持病、既往症等、健康に不安を感じる
お客さまに向けた保険と言っても過言ではありません。

 

また、現在販売されている限定告知型保険は、
主に医療保険として販売されていますが、
定期保険、終身保険にも限定告知型保険が販売されています。

 

では、限定告知型保険への加入が
難しいとされる項目を紹介したいと思います。

 

ある保険会社に記載されていた項目を抜粋します。

 

  • 過去2年以内に病気、ケガ等で入院、

    また手術を受けたことがある。

  •  

  • 過去5年以内に医師からがんと診断された、

    がんで入院、手術を受けたことがある。

  •  

  • 過去5年以内に医師から肝硬変と診断された。
  •  

  • 今後3ヶ月以内に、入院、手術の予定がある。

    もしくは、医師から勧められている。

  •  

  • 過去に公的な機関から要介護認定、

    要支援を受けたことがある。

 

続いて限定告知型保険のメリット、
デメリットについて説明します。

 

まず、メリットについてですが、
今まで持病、既往症等で
保険に加入できなかったお客さまでも加入できること。

 

また、加入前からの持病が悪化した場合でも、
保障が受けられることです。

 

デメリットは、一般的な保険に比べ、
保険料が高く設定されていることです。

 

例えば、男性40歳の場合、一般的な保険では
毎月4,000円前後となります。

 

ですが、限定告知型保険では、
7,500円から8,000円になります。

 

倍近い保険料がネックとなり、
加入を諦める人も少なくないとのことです。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

限定告知型医療保険とは?