失敗しない医療保険の正しい選び方

簡易告知型医療保険とは?

 

持病があり、その持病のせいで保険への加入が
難しいお客さまを対象にした保険が、
簡易告知型保険になります。

 

いわゆるテレビCMや新聞等で耳にしたことのある
引受基準緩和型医療保険がそれに当たります。

 

医療保険とは、どう違うのか?

 

簡易告知型医療保険のメリット、デメリットは?

 

簡易告知型医療保険の特徴は?

 

これらの疑問について説明したいと思います。

 

まず、何かしらの保険に加入する際、
お客さまの健康状態を確認するための
告知書を作成しなければなりません。

 

その告知書には、健康状態の他、
過去の入院、ケガ等の病歴についても、
ありのままを申告する必要があり、
この告知を怠った場合は、告知義務違反と見なされます。

 

簡易告知型保険とは、この告知に対し、
引受基準のハードルを下げた保険になります。

 

持病、既往症等があり、今まで保険への加入を諦めてしまっていたお客さまでも、
保険に加入しやすいというメリットを持っているため、
どの年齢の方々にも人気のある保険となっています。

 

では、具体的に緩和されている項目について説明します。

 

一般的な保険では、過去5年以内の病歴、
治療歴等の様々な項目についての申告が義務付けられています。

 

ですが、簡易告知型保険は、現在入院しているか、
過去2年以内に何らかの病気、ケガで入院、手術を受けた、
過去5年以内に医師から診察、検査、治療、手術を受けたかの
3点が主な項目となっています。

 

最後にデメリットについてです。

 

やはり、持病を持ったお客さまへのおすすめの保険となりますので、
健康なお客さまが加入する保険と違い、特約が少ないことが挙げられます。

 

保障内容が限られることもあり、
満足できるほどの保障が得られない点が、
この保険の最大のデメリットと言えるでしょう。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

簡易告知型医療保険とは?