失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険の保障額を考える

 

医療保険は、万が一の病気、ケガ等の
入院リスクを考えて加入するのが望ましいと言われます。

 

入院した日数によって支払われる入院給付金が
入院時のリスクを軽減してくれたおかげで、
生活費を切り詰めることもなく、
安心して入院できたと言う人も少なくありません。

 

誰もが安心して暮らすためには、
いくらの保障を考えて選べば良いのでしょうか?

 

医療保険を選ぶ際、もっとも重要な点は、
入院日額保障、入院保障日数になります。

 

もっとも、会社員と自営業の人では、
確保すべき保障額に違いがあると思います。

 

ですが、社会保険等の公的保障もありますので、
大きな額を用意する必要はありません。

 

あくまで医療保険は、
公的保障の不足分を補うためのものであると考えましょう。

 

保険アドバイザーが大きな保険を勧める場合もあります。

 

しかし、不足分を補う目的のためにという
明確な理由を持ち、選ぶことをおすすめします。

 

保険料が高額になり、
その保険料のためにストレスを溜める毎日では、
何のための医療保険か分かりません。

 

では、その補う保障額についてですが、
一般的な医療保険の入院日額保障は、
入院1日あたり5,000円から10,000円となっています。

 

社会保険が適応される人は、
医療費の3割が自己負担になります。

 

入院時の差額ベッド代、
食事代は全額自己負担となります。

 

ですので、その差額ベッド代、
食事代を補うだけの保障があれば問題ありません。

 

ある保険会社が調査した結果、入院日数は10日間、
差額ベッド代、食事代、その他雑費は、
1日平均4,820円〜6,870円だそうです。

 

この結果を踏まえますと、
会社員の入院日額保障は5,000円を、
自営業の入院日額保障は1万円を用意すれば、
安心して入院できるのではないでしょうか?

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険の保障額を考える