失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険の保障期間を考える

 

医療保険を選ぶ際、一番重要視するべき項目は、
保障期間ではないでしょうか?

 

ちなみに、医療保険とは病気やケガ等で
手術、入院することになった場合に、
手術給付金や入院給付金が支払われる保険になります。

 

現在、国内の民間企業が販売する保険には、
様々な個性を持った商品が販売されています。

 

その中でも医療保険はトップクラスの人気を誇り、
保険会社の一押し商品となっているのです。

 

その人気を支えているのが保障期間になります。

 

保障期間には、一生涯が保障される終身型と
一定の期間を重視する定期型の2種類があります。

 

終身型の医療保険は、一生涯支払わなければならないのでは?
と考えがちですが、そんなことはありません。

 

払込期間を60歳、65歳までと決めておけば、
支払期間は60歳、65歳までとなりますが、
保障は一生涯保障されるタイプになります。

 

反対に定期型を選び、65歳までの保障期間とすれば、
保険料の支払い、保障期間は65歳までとなり、
65歳以降の保障は受けることができません。

 

日本人の平均寿命は、年々延びています。

 

体調不良、病気、ケガ等による不安がなければ、
長期間の保障が受けられる終身型の医療保険が
必要な時代となっているのかもしれません。

 

ただ、全ての人に終身型の医療保険が
必要なわけではありません。

 

ご家族のために一生懸命働かなければならない人。

 

子供が巣立った後に子供に迷惑をかけたくない人。

 

シングルで自分自身のためにだけの医療保険を検討される人。

 

このような方たちは終身型の医療保険がおすすめです。

 

ご家族が多く、定年退職後の心配がない人は、
ある一定の期間の保障を厚くする
定期型の医療保険を検討されてみてはいかがでしょうか?

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険の保障期間を考える