失敗しない医療保険の正しい選び方

1入院あたりの保障限度日数は60日程度がベスト

 

現在、日本には約40社以上の保険会社があります。

 

40社もの保険会社から販売されている医療保険は、
何百種類とも言われています。

 

その中から自分自身に合った医療保険を選ぶだけでも、
骨の折れる作業になります。

 

どのタイプの医療保険が
自分自身にぴったり合っているのか?

 

また、どんな保障のものを選べば良いのか
分からないと言う人も少なくありません。

 

今若い人を中心に人気のある医療保険の一つに1回の入院にあたり、
保障限度日数60日型タイプがあります。

 

実は、この60日型タイプのものが、
保険料がもっとも安いことをご存知でしょうか?

 

ちなみに、60日型タイプの他には、
120日型、180日型、360日型、720日型があります。

 

基本的に保障限度日数が短くなればなるほど、
月々の保険料は安くなります。

 

ですので、60日型タイプが
もっともコストパフォーマンスの良い医療保険となります。

 

ある専門機関が行った調査によると、
一人の入院費の自己負担額の平均は、
20万6千円との結果が出ています。

 

このことを踏まえた上で、医療保険を選べば、
入院日額5,000円の保障が付いたタイプがおすすめです。

 

5,000円コースを選んでおけば、
最大60日の入院を余儀なくされても、
病院窓口で支払う入院費は30万円です。

 

平均自己負担額が20万6千円とすれば、
30万円あれば、問題なく賄える計算になります。

 

また、60日型タイプの保険料は、
保険会社によって多少の差はありますが、
2,000円前後が主流となっています。

 

ローコストで安心を手にしたいと言う人には、
ぴったりの医療保険と言えるのではないでしょうか?

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

1入院あたりの保障限度日数は60日程度がベスト