失敗しない医療保険の正しい選び方

医療費控除とは?

 

医療費控除という制度をご存知でしょうか?

 

確定申告の経験者はご存知だと思いますが、
初めての人には、何のことやらではないでしょうか?

 

医療費控除とは、1年間にご家族皆様が使った
医療費の合計が10万円を超えた場合に、
確定申告を行うと税金が戻るシステムのことを言います。

 

ただし、総所得金額が200万円未満の人に関しては、
総所得金額の5%となっています。

 

従来の医療費控除は、
合計10万円を超えた場合に限りました。

 

ですが、2017年度からは、
市販薬の購入代金12,000円を超えた場合も、
所得控除できるようになっています。

 

そのため、市販薬を購入する機会の多い人には、
便利な制度と言えるのではないでしょうか?

 

その控除の手続きを行うには、市販薬購入時の領収書、
病院窓口で支払った医療費の領収書、
病院までの交通費等全て貯めておく必要がありますので、
捨てずに取っておくことをおすすめします。

 

では、医療費控除の期間、
対象となる市販薬について説明したいと思います。

 

まず、期間についてですが、
毎年1月1日から12月31日までとなっています。

 

続いて対象となる市販薬についてですが、
医療機関でも処方される医療用成分が配合された、
薬剤師が常駐する薬局やドラッグストアで購入できる市販薬になります。

 

いわゆるスイッチOTCと呼ばれている市販薬のことです。

 

ちなみに、スイッチOTCとは、
医師による処方箋が必要な医療用医薬品の中から、
使用実績があり、副作用が少ないと判断された
一般用医薬品、用指導医薬品になります。

 

控除額は、12,000円から、
最高88,000円となっています。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療費控除とは?