失敗しない医療保険の正しい選び方

医療費控除と確定申告の関係

 

年末が来ると気になるのが、
医療費控除ではないでしょうか?

 

医療費控除とは、一年間に支払った病院窓口での入院費等の医療費の他、
病院に通院するために使用した交通費等を翌年の2月15日から始まる確定申告時に、
確定申告をすることで還付金を受けることができるシステムのことを言います。

 

会社に勤務していれば、会社が年末調整を行ってくれますが、
医療費控除までは行ってくれません。

 

ですので、医療費控除を受けるには、
各自で確定申告を行う必要があります。

 

確定申告を行う目安は、その年の一年間1月1日から
12月31日までに支払った医療費、
交通費等の合計が10万円を超えているかどうかになります。

 

シングルの人はお一人の医療費合計になります。

 

ですが、ご家族と生計を共にしている人は、
ご家族皆さまが支払った医療費、交通費等を
加算することができますので、忘れずに合算しましょう。

 

ちなみに、交通費には病院へ行くために使用したタクシー代、
バス代等が含まれます。

 

領収書がもらえる場合は領収書をもらい、
捨てずに取っておくことをおすすめします。

 

では、医療費控除の計算方法について、
説明したいと思います。

 

計算は、そう難しくありません。

 

ご家族皆さまの病院窓口で支払った医療費の合計金額を出し、
その合計金額から、まず医療保険等で補填された金額を引き、
その金額から更に10万円を引いた金額になります。

 

ですが、その年の総所得額200万円未満の人は、
計算方法が異なります。

 

200万円未満の人は、
総所得金額の5%の金額となっていますのでご注意下さい。

 

確定申告に不安がある人は、
国税庁のホームページ内にある確定申告等
申告コーナーを確認されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療費控除と確定申告の関係