失敗しない医療保険の正しい選び方

医療費控除額の計算方法

 

医療費控除をご存知でしょうか?

 

よく勘違いされているのですが、
医療費控除をすればその年に支払った
全ての医療費が戻ってくるわけではありません。

 

医療費控除を初めて行う人にも分かりやすく、
計算方法等について説明したいと思います。

 

まず、医療費控除に簡単に説明します。

 

医療費控除とは、1月1日から12月31日までの一年間に、
生計を一つにするご家族皆さまが医療機関窓口等で支払った医療費から、
一定の所得控除を受けることを言います。

 

世帯主はもちろん、大学等で家を離れて住んでいる子供さん、
また、生活費を仕送る田舎に住んでいるご両親の医療費も合算できますので、
領収書を捨てずに取っておくよう伝えておきましょう。

 

では、控除の計算方法についてです。

 

医療費控除の計算方法は、
一年間の総所得金額が200万円以上か、
200万円未満かによって計算方法が異なります。

 

例えば、総所得金額が200万円以上の場合は、
1年間に支払った医療費から、
保険金等で補填される金額を引き、
更に10万円を引いた金額になります。

 

総所得金額が200万円未満の場合は、
1年間に支払った医療費から、
保険金等で補填される金額を引いた額に
総所得の5%を引いた金額になります。

 

「ごちゃごちゃして分かりにくい」と嘆く人には、
“医療費控除簡易計算”というサイトをおすすめします。

 

このサイトなら、かかった医療費、受取った保険金、
所得金額の3項目を入力するだけでOK!

 

簡単に計算することができます。

 

最後に医療費控除は、一年間に支払った医療費の合計が
10万円を超える場合に限ります。

 

ご家族が多いご家庭は、個人個人の医療費をきちんとまとめ、
医療費の合計金額がすぐ分かるよう整理しておくことをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療費控除額の計算方法