失敗しない医療保険の正しい選び方

医療費控除の対象になる場合

 

医療費控除には、対象となるもの、
対象にならないものがあることをご存知でしょうか?

 

ここでは、対象となるものについて、
説明したいと思います。

 

医療費控除の対象となるものは、
何かしらの病気、ケガ等により、
医療機関において診察、検査、治療等を受けた際に、
医療機関の窓口で支払った治療を
目的としたもののみが認められています。

 

では、項目ごとに説明していきます。

 

まず、病院窓口で支払った診察料金、
治療費についてです。

 

初めて病院にかかる際、初診料が発生しますが、
この初診料も対象になっています。

 

医師による診察、検査、薬代等、
窓口で支払った治療費は全て対象となります。

 

続いて治療のために行ったマッサージ、鍼、お灸等を始め、
治療に使用した松葉杖や義足等の購入費用も対象となっています。

 

次に、その治療のために使用した交通費も
対象となっています。

 

例えば、通院、入院のために使用したバスや電車、
タクシー代金が対象になります。

 

それから、レーシック手術についても対象になります。

 

医師が必要だと判断した近視矯正手術の他、
コンタクトレンズ、メガネ等の代金も対象になります。

 

その他にも、妊娠中に通う定期検診、出産する際に必要な費用他、
流産後の手術費、入院費、通院費、母体保護法に基づいた理由による
妊娠中絶の際の手術費用、虫歯等の治療費、処方箋によって
薬局で購入した医薬品等があります。

 

更に詳しい情報を希望される人は、病院、薬局の窓口で問い合せるか、
もしくは国税庁のホームページを確認されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療費控除の対象になる場合