失敗しない医療保険の正しい選び方

医療費控除の対象にならない場合

 

医療費控除の対象となるものはよく知られていますが、
対象とならないものは、意外と知られていないことをご存知でしょうか?

 

一般的には、何かしらの病気、ケガ等にて
医療機関で治療を受けた際に必要だったものは対象となりやすいです。

 

ですが、医療機関にかからずに薬局等で購入した
市販薬等の必要経費に関しては、対象とはなっていません。

 

ここでは、医療費控除の対象とならないものについて、
分かりやすく説明していきたいと思います。

 

まず、入院、通院に関するものからです。

 

医療機関の窓口でまだ支払っていない、
いわゆる未払いの医療費は対象とはなりません。

 

その他には以下のものも対象とはなりません。

 

・医師から処方されていない健康食品、サプリメント代

 

・病気やケガに関係ない部位のマッサージ、あん摩、指圧代金

 

・入院時に付き添ってもらった家族や親族への付添料。

 

・通院時の車のガソリン代、駐車代。

 

・お世話になった医師、看護師へのお礼金

 

・予防注射費。

 

・通院、入院給付金を受け取るために必要な診断書代。

 

・入院時に使用したパジャマやテレビ・冷蔵庫の使用料等。

 

これらは対象にはなりませんのでご注意下さい。

 

続いて出産に関するものについてです。

 

昨今、奥さまの実家に帰っての出産が増えていますが、
出産のために帰省する交通費は、対象になりません。

 

また、母体保護法に則らない、
医師の診断を仰がない妊娠中絶の手術費、
妊娠しているか否かを判定する検診料もNGです。

 

その他にも美容整形、歯科矯正、
歯石を除去するための費用は対象とはなっていません。

 

対象となっているかどうかを調べたい人には、
国税庁のホームページをご確認下さい。

 

確認しやすいよう項目ごとに記載されていますので大変便利です。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療費控除の対象にならない場合