失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険と共済保険(全労済・国民共済・JA共済)はどう違いますか?

 

少しでも保険料を安くしたい。

 

不景気の風が吹く昨今、こう望む人も少なくありません。

 

掛け金が安いと聞けば、全労済、国民共済、
JA共済が思い浮かびます。

 

でもこれらの共済と一般的な医療保険には、
どのような違いがあるのかご存知でしょうか?

 

違いを確認する前に、まず全労済、国民共済の特徴、
加入資格等について簡単に説明したいと思います。

 

全労済、国民共済は、消費生活協同組合法に基づき、
厚生労働省の認可を受け設立されています。

 

保険会社と違い、営利を目的とする営利団体ではありません。

 

ですので、その分、毎月の掛け金は安く済みます。

 

ですが、その反面、保険会社等のような破たん等の
万が一を考えた保護機構は作られていません。

 

組合員になれば、どなたでも加入することができます。

 

続いて、JA共済についてですが、
JA共済は、農業協同組合法に基づき、
農林水産省の認可を受けて設立されています。

 

こちらも全労済同様、
破たん等の場合の保護機構等はありません。

 

農協の組合員に限り、加入することができます。

 

では、保険会社が販売する医療保険についてですが、
共済と違い保険各社は利益を得ることができないと、
経営が成り立ちません。

 

こちらの監督官庁は金融庁になり、
保険業法という法律のもとで成り立っている制度になります。

 

先ほども触れましたが、
共済保険と医療保険のもっとも大きな違いは、
共済は営利を目的としない非営利事業に、
生命・医療保険は営利を目的とする
営利事業にカテゴリされていることになります。

 

共済、医療保険ともにメリット、デメリットがあります。

 

加入される際は、契約内容を十分に把握した上で
加入されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険と共済保険(全労済・国民共済・JA共済)はどう違いますか?