失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険と傷害保険はどう違いますか?

 

混同されやすい保険に医療保険と傷害保険があります。

 

この二つの保険には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、医療保険と傷害保険の特徴について、
説明したいと思います。

 

医療保険は、全ての病気、ケガによる入院、
手術を保障している保険になります。

 

ですが、傷害保険は、ケガのみを保障する保険となっており、
病気に関しては保障されていません。

 

ちなみに、医療保険には一般的には死亡保険が支払われませんが、
傷害保険は死亡時に保険金が受取れます。

 

ただし、死亡保険が受け取れる場合は、
事故のみとなっているとのことです。

 

医療保険で死亡保険を希望される時は、
特約として死亡保障を付けることをおすすめします。

 

では、続いて医療保険と傷害保険のメリットについて、
説明したいと思います。

 

傷害保険のメリットは、
医療保険に比べ保険料が安いことです。

 

医療保険は、年齢によって保険料に差がありますが、
傷害保険は年齢による差はありません。

 

また、傷害保険は、医療保険と違い、
過去の入院歴、病歴は問われません。

 

その理由は販売会社にあります。

 

一般的に医療保険は生命保険会社が扱いますが、
傷害保険は損害保険会社が扱っています。

 

ケガに関する保障だけを保障しますので、
基本的に全てのお客さまが加入対象となっており、
医療保険よりも安い保険料を設定できるとのことです。

 

ちなみに、傷害保険には日常の生活上の事故による
傷害を保障する普通傷害保険を始め、
家族傷害保険、交通事故傷害保険、ファミリー交通傷害保険、
国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険等があります。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険と傷害保険はどう違いますか?