失敗しない医療保険の正しい選び方

日本とアメリカの医療保険制度はどう違いますか?

 

アメリカには、日本のような健康保険の加入義務はありません。

 

日本では国民全てが何かしらの公的健康保険に加入する義務がありますが、
アメリカでは、加入義務がないのです。

 

ただし、アメリカに公的な健康保険がないわけではありません。

 

公的な健康保険、もしくは民間の保険会社が扱う健康保険を
個人個人の意志で加入する必要があるということです。

 

ちなみに、アメリカの公的な健康保険制度は、
65歳以上の人や障害を持つ人、低所得者、
アメリカ軍勤務者とそのご家族以外は
この制度を利用することができません。

 

また、日本では、医療費の負担は2〜3割となっていますが、
アメリカでは、個人が加入している保険各社によって、
または、保険のプランによって変わってきます。

 

こう聞きますと、
日本はなんて良い国なんだろうと思いませんか?

 

アメリカで重い病気やケガ等で手術、入院することになった場合、
保険に加入してなければ、高額な医療費を
用意する必要があるということになります。

 

アメリカで暮らすためには、
この健康保険をクリアしていなければ
安穏に暮らすことができません。

 

現在、アメリカでは、
全人口の約15%の人が保険に加入していません。

 

この医療格差が今も深刻な問題となっており、
解決すべく改革を試みているとのことですが、
どの政権もスムーズな解決ができず、今に至っています。

 

アメリカに永住したいという夢をお持ちの人は、
まず、渡米される前に保険関係の情報を収集し、
万が一の備えを準備万端にした上で、
渡航されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

日本とアメリカの医療保険制度はどう違いますか?