失敗しない医療保険の正しい選び方

リウマチでも入れる医療保険ってありますか?

 

関節リウマチは、現在、日本全国に
70〜80万人もの患者数が居ると推定されています。

 

そして、毎年1〜2万人の人が発症していると言われる病気です。

 

どちらかと言えば、男性よりも女性に多い病気となり、
男女比は1対4となっているとのことです。

 

30〜50歳代が発症のピークとされており、
リウマチ性疾患の中ではもっともポピュラーな疾患になっています。

 

主な症状は、手や足の指の関節に表れますが、
手首、足首の関節にも炎症が起こります。

 

症状が悪化すると、
日常生活に支障を来す患者も少なくありません。

 

関節リウマチはがんと同じで、
早期発見、早期治療がカギになります。

 

早期に適切な治療を行うことにより、
症状の進行を遅らせ、
進行を最小限に食い止めることができます。

 

ちなみに、リウマチの原因となるものには
遺伝的要素が挙げられています。

 

他には喫煙が発症、進行に関与しているとのことです。

 

ただ、喫煙だけでなく、その他の様々な環境要因が重なり、
免疫機能に異常を発生させているとのことも忘れてはなりません。

 

関節リウマチだと診断された場合、
医療保険への加入は難しいように思います。

 

ですが、ただ一つ、加入できる可能性がある医療保険となれば、
無選択型医療保険ではないでしょうか?

 

無選択型医療保険は、
加入者の病気、既往症を問いません。

 

もう一つ、昨今流行りの
引受基準緩和型医療保険があります。

 

こちらは、扱う保険会社によって差があり、
加入できない場合が多いとのこと。

 

無選択型医療保険に比べ、
引受基準緩和型医療保険の保険料が安いため、
こちらを検討したいとの希望もあると思いますが、
無選択型医療保険よりも加入条件が
厳しいことを頭に入れた上で検討されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

リウマチでも入れる医療保険ってありますか?