失敗しない医療保険の正しい選び方

更年期でも入れる医療保険ってありますか?

 

更年期障害は、昨今、女性だけでなく
男性にも悩まされる人が増えている病期です。

 

女性の中でも悩まされない人と、
早くから悩まされる人に分かれ、その症状は様々です。

 

更年期障害の症状は、
一部に限り保険適用となる症状があります。

 

ですが、ほとんどは、保険が効かないため、
自己負担で賄う人も少なくありません。

 

そんな時、ふと頭に浮かぶのが
医療保険ではないでしょうか?

 

ですが、更年期障害の症状がある人でも、
医療保険に加入できるのか?

 

あるとすれば、どのような医療保険になるのかについて、
説明したいと思います。

 

ちなみに、更年期障害とは、
加齢により卵巣機能が低下することによって、
エストロゲンが欠乏し、ホルモンバランスが乱れるために、
様々な症状が発生することを言います。

 

主に閉経前後の40代から50代以降の
女性に生じる病状となっています。

 

のぼせ、頭痛、イライラ等の何かしらの症状があり、
更年期障害の疑いを感じる時は、
早めに医師の診察を受けることが重要です。

 

では、更年期障害だと診断された場合の医療保険についてです。

 

一般的には、医療保険への加入は難しく、
断られることが多いと耳にします。

 

ですが、引受基準緩和型医療保険であれば、
条件次第となりますが、加入できる確率が高くなります。

 

引受基準緩和型医療保険にも告知義務がありますが、
一般的な医療保険に比べ、告知書の質問項目が少なく、
加入しやすい傾向にあります。

 

ただし、保険会社がリスクを負う分、
保険料が割高になっており、
年齢が高くなるにつれ高額になりますので、
早めの検討をおすすめします。

 

最後に更年期障害の症状が軽い人であれば、
健康診断書のコピーを提出すれば、
加入できる可能性が高くなる場合があるとのことです。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

更年期でも入れる医療保険ってありますか?