失敗しない医療保険の正しい選び方

自律神経失調症でも入れる医療保険ってありますか?

 

近年は、減少の傾向にある自律神経失調症。

 

自律神経失調症と言えば、うつ病を始め、
パニック障害、適応障害等の原因となる疾患として認められる場合が多く、
医療保険等の保険への加入が難しいと言われています。

 

ちなみに、自律神経失調症とは、体・精神を健康に保つ役割を持つ
交感神経と副交感神経から成り立っている自律神経のバランスが崩れ、
その崩れによって発生する症状を総称する疾患状態を言います。

 

なぜ、自律神経失調症になるのか、
その原因が特定されていないために、
医療保険他、様々な保険への加入が難しいとされています。

 

ですが、保険の種類によっては、条件を付けた上で、
加入を検討してくれる保険会社もあります。

 

ただし、加入を検討してもらうには、
告知義務違反をしないことが必須になります。

 

告知時のポイントは、
以下のことを正直に伝えることになります。

 

・自律神経失調症だと診断された時期の告知。

 

・現在の通院状況。

 

・過去の入院の有無。

 

・医師から処方され服用している薬があれば、その薬剤名の告知。

 

・通院中の医療機関。

 

ただ、正直に告知したからと言って、
絶対に加入できるわけではありません。

 

医療保険への加入を諦めたくない人には、
無選択型医療保険をおすすめします。

 

無選択型医療保険は、持病・既往症をお持ちの方でも
加入を検討してくれる保険になります。

 

入院リスクの高い自律神経失調症の方でも、
加入を検討してくれますが、
その分、保険料が割高になっています。

 

加入を検討する際は、保険アドバイザーに保険料、
保障内容等について詳しい説明を聞き、
納得した上で契約されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

自律神経失調症でも入れる医療保険ってありますか?