失敗しない医療保険の正しい選び方

治療中の病気があっても医療保険に加入できますか?

 

「持病があっても、入れます♪」

 

このフレーズ、耳にしたことはありませんか?

 

現在、何らかの病気で
入院・通院を余儀なくされている人にとっては、
なんて魅力的な保険なんだと
期待される人も多いのではないでしょうか?

 

確かにこのテレビCMにある医療保険は、
持病・既往症をお持ちの方でも加入の検討ができる保険として、
今一番人気の保険であり、
満足度の高い保険と言っても過言ではありません。

 

ですが、注意点が一つあります。

 

持病・既往症があるということは、
保険各社にとっては、リスクが高くなりますので、
お客さまが支払う保険料はどうしても割高になります。

 

そのあたりを十分に考慮し、
加入を検討されることをおすすめします。

 

では、持病があっても加入できる可能性のある保険についてですが、
それは、引受基準緩和型医療保険になります。

 

一般的に保険は、
健康であることを想定して計算されています。

 

持病・既往症をお持ちの方に関しては、
それだけ保険会社のリスクが高くなりますので、
健康リスクを抱えたお客さまばかりでは経営が成り立ちません。

 

そのリスクの分だけ、
保険料を割高にせざるを得ないのです。

 

加入を検討される際は、
十分に考えた上で契約されることをおすすめします。

 

最後に、持病があっても
加入を検討できる医療保険をもう一つあります。

 

指定疾病不担保制度という言葉を聞いたことはありませんか?

 

少額短期保険等の保険に採用されている制度になります。

 

持病を指定疾病として告知し、その疾病に関しては
保障の対象外にするという条件を付けた保険になります。

 

興味のある人は、
保険アドバイザーに相談されてみてはいかがでしょうか?

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

治療中の病気があっても医療保険に加入できますか?