失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険に入ればがん保険に入る必要はありませんか?

 

医療保険に加入すれば、がん保険は必要ないではないか?

 

保険プランナーに聞いても、
納得できるような答えがもらいにくい相談事の一つが、
このがん保険への加入についてだそうです。

 

確かに、がん保険は、必ずしも
加入しなければならないものではありません。

 

ですが、がんへの不安があり、
特にがんに対して厚い保障を希望したい人にとっては、
もっとも役に立つ保険であると言えるでしょう。

 

また、いざ、がんと診断された際、
患者にとってがんへの不安に加え、
経済的な不安が大きなストレスとなります。

 

その経済的不安から治療が遅れ、
症状を悪化させることも少なくありません。

 

そのストレスを回避するものとして、
支えとなり得る保険と言っても過言ではありません。

 

ちなみに、がん保険に加入するメリットは
大きく分けて3つあります。

 

まず、一つめは、がんと診断された場合、
入院・通院が長引き、医療費を支払えなくなる可能性があり、
その負担を補てんできることです。

 

続いて、二つめは、がんで思うように仕事ができなくなった場合、
生活を支える保障を受けることができることです。

 

最後は、現在の日本の社会保障制度に不安があり、
将来、自己負担額が増えた場合等に、
その負担額を軽減させることができることです。

 

反対にがん保険に加入するデメリットは主に2つあります。

 

まず、医療保険に加入した上にがん保険に加入するとなれば、
保険料が倍になるために経済的な負担が増えます。

 

また、がん保険が全ての治療費を
保障できるわけではないことです。

 

これらのことを考慮した上で判断すれば、
経済的な余裕がない場合は、医療保険に加入しておけば、
がん保険に加入する必要はないと言えるでしょう。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険に入ればがん保険に入る必要はありませんか?