失敗しない医療保険の正しい選び方

医療保険に加入していれば帝王切開でも保障の対象になりますか?

 

昨今、結婚しない女性が増えています。

 

結婚をしないという選択をする理由の一つに、
妊娠、出産への不安があると言われています。

 

確かに、妊娠は女性にとっては、
体に大きなダメージを与えるだけでなく、
命をかける恐れもあり、
不安に感じる女性が多いのも理解できます。

 

その不安からか、妊娠をきっかけに
医療保険を検討する人も少なくありません。

 

妊娠が分かった後でも、妊娠していない時同様に、
同じ条件、保障で医療保険に加入することは可能なのでしょうか?

 

また、最近増えている帝王切開での出産となった場合には、
手術給付金等の支払いを受けることはできるのでしょうか?

 

まず、一般的な医療保険であれば、
結婚や妊娠を機に医療保険に加入したとしても、
自然分娩での出産の場合は、医療保険の対象とはなりません。

 

ですが、帝王切開による出産の場合を始め、
流産、早産による手術・入院・通院、
妊娠中の定期検診において、
子宮筋腫等の疾病が見つかった際の手術・入院等については、
医療保険の保障の対象となり、
保険金が支払われる場合があります。

 

ちなみに、帝王切開は、近年稀なものではありません。

 

一昔前までは、自然分娩が一般的な出産方法でしたが、
平成20年厚生労働省が調査した結果では、
分娩の約23%が帝王切開での出産となっています。

 

出産をする女性の4〜5人に1人が
帝王切開での出産を選択している結果となっています。

 

最後に妊娠した女性の医療保険への契約についてですが、
いつでも加入できるわけではありません。

 

妊娠27週までの女性が対象となっており、
28週を超えた場合は契約できません。

 

医療保険に加入されたい人は、
お早めに検討されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

医療保険に加入していれば帝王切開でも保障の対象になりますか?