失敗しない医療保険の正しい選び方

20代ですが医療保険に加入する必要はありますか?

 

昨今、若い人の間では、
保険離れが進んでいると耳にしますが、
それは本当でしょうか?

 

保険は、年配者のものだとするイメージが強く、
若い人はよほどのことがない限り、
病気、ケガで苦しむ心配がないことから、
医療保険等の保険はまだ早いと考える人が多いのかもしれません。

 

中でも医療保険は、万一の際の死亡保険と違い、
病気、ケガに対する手術、入院、通院に関しての
保障に特化した商品になります。

 

ですので、20代の若い人であれば、
まだ早いと考えても仕方のないことなのかもしれません。

 

ですが、本当に医療保険への備えは
必要ないのでしょうか?

 

では、20代の人で医療保険が必要な人、
必要でない人の場合について考えたいと思います。

 

まず、必要な人についてですが、
必要な人の条件は3つあります。

 

一つ目は、もしもに備えた貯蓄がない人です。

 

万が一のことを考え、加入の検討を行っておきましょう。

 

二つ目は、小さなお子さまがいらっしゃる人です。

 

お子さまが小さいうちは、
奥さまがお子さまに手を取られ、
仕事を持つことができません。

 

入院が長引いた際、医療費を支払うために
生活費を切り崩さなければならないことにもなりかねません。

 

三つ目は、自営業の人です。

 

会社員と違い自営業の人は、病気やケガで仕事を休めば、
生活に支障を来す恐れがあるからです。

 

では、反対に早期に必要でない人の場合についてですが、
こちらは2つあります。

 

一つ目は、手術・入院した際、
その医療費を支払えるだけの十分な貯蓄がある人になります。

 

続いて二つ目は、勤務先の福利厚生がしっかりしており、
十分な保障が受けられる人になります。

 

これらを考慮した上で加入されることをおすすめします。

 


このサイトでは元保険セースルレディーが医療保険の正しい選び方や加入時の注意点、医療保険の種類や必要性、よくある疑問などをわかりやすく紹介しています。

Copyright (C) 失敗しない医療保険の正しい選び方 All Rights Reserved.

20代ですが医療保険に加入する必要はありますか?